仕事のやる気を出す方法!やる気が出ないあなたに!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

集中力を持続する方法

あなたはどれくらい集中できますか?
人に与えられた時間は1日24時間と決まっています。

だれでも平等です。

仕事するときに、ただ長い時間やれば良いと思っていますか?
それは間違いです。

誰しも経験があると思いますが、1時間も2時間も集中力はもちません。

そんな長い時間やり続けても、ムダな努力になっていますよ。
さあ、これから集中力を持続する方法をお教えしますね。
といっても、とっても単純。

10分仕事をして、5分休む
これだけです。

大脳生理学の研究によれば、もっとも効率の良い勉強方法は、
10分勉強して5分休むというものだといわれています。

ですから、仕事も10分単位に分けてやるのが効率的。
まあ、全てがそうきっちりとは行かないと思いますが、
できるだけ実行してください。

マラソンも、42.195kmも全力疾走はできないんですよ。
人生において、休憩時間は重要な要素ですね。

今、行き詰っているあなた。
今は必要な休憩時間です。

深呼吸でもして、次の10分に備えましょう。

最後までおよみいただきまして、ありがとうございます。

今回は心理学の面から考えた、
やる気アップの方法をご紹介しました。

経営でもそうですが、 心理学ってとても役に立ちます。

学んでおいてそんはありません。
経済学・経営学よりも、むしろ心理学。

戦略論よりも心理学。
こちらからのアプローチで差別化をはかりましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。