仕事のやる気を出す方法!やる気が出ないあなたに!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

いくら心配しても何一つよいことは起こらない

先のことを考えると、誰もが心配なことの一つや二
つは抱えている。

心配すぎると、寒い日は風邪を引くのではないかと
心配し、暑い日は熱中症にかかるのではないかと心配
し、車のスピードが出るとカーブを曲がりきれないの
ではないかと心配し、車のスピードを落とすと後ろか
ら追突されるのではないかと心配する。

心配の種はつきないものだ。

心配事に万国共通のことわざがある。

「いくら心配しても何一つよいことは起こらない」
心配は、解決するために全力を尽くさない人たちが
持つ感情だ。

心配する人は、誰かが自分の問題を解決してくれな
いのではないか恐れながら暮らしている。

私たちが心配する事柄について、次のような調査結
果がある。

4 0 % は起こりえない事柄であり、
3 0 % は過去に起こったことで手の打ちようがない
ことであり、
1 2 % は自分と関係のないことであり、
1 0 % は現実あるいは想像上の病気に関することで
あり、
8 % は心配するに値するものであった。

つまり、9 2 % は心配しても仕方がないことであり、
残り8 % こそ真性の心配であることが調査で明らかに
されたそうだ。

さらに8 % の真性の心配事であっても、信念と行動
でこれを克服し、記憶から、おさらばすることもでき
るのだ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。