仕事のやる気を出す方法!やる気が出ないあなたに!
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

不健全な信念が先延ばしを助長する

先延ばしする人には、2 つのタイプがある。

一つは、特定のことにだけ先延ばしする人。

たとえば、税金の申告がどうしても遅れ、
毎年、手痛い追徴を受ける人。

もう一つは、生活のあらゆる場面、領域で、先延ば
しをする人。

これらの先延ばし癖はなおすことができる。

真っ向から立ち向かい、
悪い癖を撃退することは可能だ。

ただ、生半可な気持ちで取り組むことはできない。

人が先延ばしするのは、その仕事をすることの長期
的な利益よりも、短期的な利益に重きを置いてしまう
からだ。

自分が何を、いつするつもりなのか予定表をつくる
ようにしよう。

そうすると、自分が先延ばしを始めた時がすぐわか
るようになる。

先延ばしをするときは、先延ばしせざるを得ない理
由をどんどんつくりあげるものだ。

人は先延ばしの理由を考え出す天才だ。

でも、先延ばしをしてもよい理由は、
そうあるものではない。

「約束した開始時間を遅らせていい
唯一の適切な理由は、死だけだ」

という、きついジョークもある。

それは言い過ぎにしても、
先延ばししていい理由は、
病気など特別な事情に限られるべきだ。

どうして人は先延ばししてしまうのだろうか。

それは、「不健全な信念」をもっていることに
起因する。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。